FC2ブログ

脚本分析41(許可)

これまでの出来事から培ってきた許可(パーミッション)に加えて、これからの出来事から、許可(パーミッション)を育てていくことが大切です。

まず、自分自身で、許可(パーミッション)の言葉を繰り返し繰り返し、自分に掛けていきましょう。
「~であっていいんだよ」「~していいんだよ」と、何度も何度も言葉を掛けて下さい。これまで蓄積してきた「~であるな」「~するな」という禁止令(インジャンクション)の言葉より、ずっとずっとたくさん、声掛けしてください。

また、許可(パーミッション)を養いやすい人間関係を求めて行動しましょう。
禁止令(インジャンクション)に縛られている時は、無意識のうちに、その禁止令(インジャンクション)を強める人間関係を選んでしまっています。「存在するな」の禁止令(インジャンクション)を持つ人が、自分を痛めつけたり無視したりする相手にしがみついてしまったり、「子どもであるな」の禁止令(インジャンクション)を持つ人が、自分ばかりに責任や保護を求めてくる相手にしがみついてしまったり、というふうに・・・
「存在していいんだよ」「子どもであっていいんだよ」などの許可(パーミッション)の材料になるような言動を貰える相手を見つけ、大切に人間関係を育んでいきましょう。
そのためにも、まずは、自分自身で許可(パーミッション)の言葉を、強く意識して、自分自身に掛けることが必要です。

無意識に流され、禁止令(インジャンクション)に縛られたままの人生を生きるのではなく、自分がどうありたいか、どう生きたいか、を意識し、自分自身納得のいく生き方を選び取っていきましょう。
スポンサーサイト



[ 2016/11/11 09:52 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ