FC2ブログ

脚本分析33(禁止令)

①集団の中に入れない

②孤立してしまいがち

③孤独感や疎外感が強い

④集団内の人間関係が深まりかけると自ら離れていってしまう

⑤一つの集団に長くとどまることがない


これらは、「属するな」の禁止令(インジャンクション)に縛られている状態の例です。


子どもが「属するな」の禁止令(インジャンクション)の材料にしやすいものには、例えば次のようなことがあります。

①必要最小限の外との交わりしか持たない家庭

②子どもが家庭の外に遊びに行く、または行こうとすると、家族が悲しみや寂しさ、または怒りを表す

③養育者などが子どもを「他とは異質の存在」として扱う

④家庭の中に居場所がない

⑤いじめ・仲間はずれ


「その集団に属してもいいし、属さなくてもいい」その自由が、あなたにはあることを再認識しましょう。あなたが心地よくいられる集団を求めるなら、思いきって自分からその集団のドアをノックしてみましょう。「異質な存在」と自分で自分にレッテルを貼るのは、もうやめてもよいのですよ。

スポンサーサイト



[ 2016/10/26 12:52 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ