FC2ブログ

脚本分析18(ドライバー)

どんなにつらくても、弱音を吐かない。
体調が悪くても、通常通りに振る舞う。
悲しいことがあっても、言葉にも表情にも態度にも出さない。・・・

子どもの頃に、親など重要な人の言葉や態度から、「強くある」ことを絶体価値に置いてきたあなたは、「強くあれ」のドライバーが強い人です。
「泣いても問題が解決するわけではない」
「弱みを見せず堂々としていることが格好いいんだ」
「人に頼るのではなく、自分がしっかりやることが重要だ」・・・
今、あなたの心にある声は、いつからあなたの声になったのでしょう?子どもの頃に重要だった誰かの声が、その奥に隠れていませんか?当時、その人は、どんなつもりで、どんな状況で、どんな気持ちで、その言葉をあなたにかけたのでしょうか?
今、大人になったあなたは、それらを冷静に振り返ることができます。

「強くあれ」のドライバーに強く心を縛られて生きづらくなっている、と気づいているあなたは、自分自身に「自由に感情を表に出してもいいのですよ」とアローワーを与えることができます。「つらいときは弱音を吐いてもかまわない」「時には弱みを見せてもかまわない」「サポートが必要な時にはSOSを出してもかまわない」・・・自分自身にドライバーを緩める言葉をかけてあげましょう。

「そんなこと言えません」「そんなこと言いたくありません」というあなた。あなたがずっと誇りをもってきた「強くある」ことは、まぎれもなく、素晴らしいこと。それに間違いはありません。そして、「強くいられることは素晴らしいこと。強くいられないときに強くなくてもいいことも、同じように別の形の強さなのだ」と、自分に語りかけることは、いかがでしょうか?
スポンサーサイト



[ 2016/09/12 09:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ