FC2ブログ

脚本分析13(プロセス脚本)

今日は、プロセス・スクリプト(プロセス脚本)の「・・・の後では」脚本についてお話しします。

「・・・の後では」脚本の例

①「同窓会、来られて良かった。だけど、帰ったら、家族に償わなければ・・・家族の時間を犠牲にしてしまったから」と、心の中でため息をつくAさん。

②「やっと就職が決まった。でも、就職したら、毎日大変だろうな・・・。なんか憂鬱」と言うBさん。

③「カラオケではしゃぎすぎたな。きっと、明日は頭痛がするだろうなあ…」と後悔しているCさん。

この脚本を持つ人の共通点は、「良いことの後には必ず良くないこと(あるいは悪いこと)が起こる」「今は自分を楽しませることはできても、この後その償いをしなければならない」という思い込みです。無邪気に楽しむことができず、心のどこかで、その代償を払わねばならないことを負担に感じています。

「どんなときも自分のことより他人を優先しなければいけない」「自分を大切にしてしまったら、きっと良くないことが起こる」・・・「他人を喜ばせよ」のドライバーが強い人に多いプロセス・スクリプトです。

「自分を大切にしてもいいのですよ」と、「他人を喜ばせよ」のドライバーにアローワーを与えましょう。
また、「今楽しんでも、この後も楽しんで構わない」「自分を楽しませることに代償は必ずしも必要でない」と、自分を許し励まして行動することで、「・・・の後では」脚本から抜け出します。
スポンサーサイト



[ 2016/09/02 09:08 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ