FC2ブログ

脚本分析12(プロセス脚本)

「ドライバー」に関連するものに「プロセス・スクリプト(プロセス脚本)」があります。
今日は、その中で、「完全であれ」のドライバーが強い人が持ちがちな「・・・までは」脚本についてお話しします。

「・・・までは」脚本の例

①Aさんは子どもの頃からかれこれ40年、書道を続けている。周りの人から、「そろそろ個展を開いたら」と勧められるが、Aさんには自信がない。「もっと研鑽を積んでからでないと、無理」。書道教室を開く実力も認められてはいるが、「私なんて、まだまだ」と、教えてほしいという人にも丁重にお断りしている。

②自己変革のために心理学を学んでいるBさん。多くのスクール・研究会で学んできた。Bさんは言う。「心理学を究めて自分のことを十分に理解するまでは、私は変われない」。

③子育て中のCさん。毎日、家事と育児に追われ、疲れている。口癖は、「子育てが終わるまでは、私には自由は一切ないの」。

いい加減な人が目立つ今どきの社会で、とても好感度の高い人たちとも言えますが、「良いことは、それほど良くないこと(あるいは悪いこと)が済むまでは起こらない」という思い込みに縛られ、自分の可能性を狭めてしまっています。

「今できる範囲でやれば、それでいいんだ」と、思い込みを緩めてあげましょう。
全部をやり終える前にも楽しむことを、自分に許してあげましょう。
また、「完全であれ」のドライバーに「ありのままでいいのですよ」とアローワーを与えることも、「・・・までは」脚本から脱するのに有効です。
スポンサーサイト



[ 2016/08/31 09:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ