FC2ブログ

脚本分析 8

お盆の休みで、家族や親戚、同級生など、過去に印象深い経験をした相手と再会する機会があるかもしれませんね。
脚本分析をしている流れで、そういった相手に対して、過去に抱いていた感情で接することのないように気をつけてください。
たとえあなたがどんなに深く傷ついていたとしても、それがあなたの心の現実であると同時に、また別の現実として、時は流れているのです。そして、相手もあなた自身も、一瞬一瞬の時の流れとともに、変化しているのです。
極端な言い方をすれば、一分前の相手は今の相手とは違う、一分前のあなたは今のあなたとは違う、のです。
この瞬間に初めて出会うふたりとして、相手に接してみてください。
新しい発見や展開があるかもしれませんし、脚本から脱する近道になるかもしれません。
スポンサーサイト



[ 2016/08/05 09:22 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ