FC2ブログ

交流分析の構成

主体的に自分の生き方に関われる心理学、交流分析についてお話しします。
交流分析は、3つの理論と4つの分析から構成されています。

3つの理論
   ストローク
   時間の構造化
   人生態度
4つの分析
   自我状態の分析
   対話分析
   ゲーム分析
   脚本分析

たいていの学校・スクールでは、ストロークや自我状態の分析から学習していくのですが、今回は、脚本分析から入りたいと思います。
というのは、ストロークや自我状態の分析などは、今現在の自分を変えるための具体的手段となるものであり、自分の人生をどう変えたいかということを心の底からはっきりとわかっている状態で学ぶ方が、より効果的だからです。
自分の人生をどう変えたいか、ということを、ただの理想ではなく、もちろん自嘲を交えるのでもなく、冷静にかつ感情的に、追究していく手段が、脚本分析です。
ここでいう脚本とは、自分自身の人生の脚本のことです。
幼少期から現在まで、色々な経験をしてきた中で、知らず知らずのうちに自分で書き上げ、その通りに自分が人生の舞台で演じて来た、自分の人生の筋書きすなわち無意識の人生計画を調べます。そして、望むなら、新しい脚本に、自分の手で書きかえる。これが、交流分析の脚本分析です。そして、その他の理論や分析は、新しい脚本を書き、その通りに生きるためのよい材料になるでしょう。
明日は、脚本分析の仕方についてお話しします。
スポンサーサイト



[ 2016/07/26 08:59 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ