FC2ブログ

心の栄養素ストローク27

ある夫婦のカウンセリング(フィクションです)。

奥様「この人の私に対する愛情を感じられないので、もう離婚するしかないと思うのです」
夫君「言っている意味がわかりません」
奥様「私への愛情が残っているとでも言うの?」
夫君「残っているも何も、昔から何も変わっていないつもりだが・・・」
奥様「よく言うわ。昔は、晩御飯何食べたいって訊いたら必ずこれって言ってくれたけど、この頃は、何でも、としか言わないくせに」
夫君「?」
奥様「何でもいいってことは、私になんか関心が無いってことでしょ」
夫君「そんなふうに捉えられていたなんて、驚いたよ。何でもいいっていうことは、君が作ってくれるものだったら何でもいいよ、っていうことなんだよ」
奥様「?」
カウンセラー「ご主人、『何でもいい』を、省略せずに言うと、どうなるか、もう一度はっきりおっしゃって下さい」
夫君「君が作ってくれるものだったら何でも美味しいし、作ってくれること自体ありがたく思っている」
カウンセラー「奥様、ご主人の言葉を聴いて、どうですか?」
奥様「びっくりしました。まさか、そんなふうに思っていてくれたなんて・・・」
他にも、ご主人が奥様のことを思ってしていた行動が、奥様には、愛情が無くなった証拠として受け取られていたということが、カウンセリングの中で判明しました。

こうして、丸く収まったのですが、夫君の肯定的ストローク(のつもり)が奥様には否定的ストロークとして受け取られていたのですね。

ストロークの原則として、「ストロークの種類は受け手が決める」ということがあります。
今一度、自分の意図するものが相手にちゃんと伝わっているか、確認したいところです。

スポンサーサイト



[ 2018/08/22 08:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
不思議です
こんにちは、楽しい夏休みが取れて良かったですね。

<ストロークの原則として、「ストロークの種類は受け手が決める」ということがあります。>の部分ですが、チョット話が逸れます。上記の事の意味は分かるのですが、
「夫から愛情を感じられないから離婚したい。」という。自分(妻)は夫に対して愛情が有る事が前提なんですね。世界共通で一般的に、離婚の原因は自分(夫・妻)も相手に愛情が持てなくなったら離婚したいのではないですか。愛されているから愛情を持っているものでしょうか。

私は、いつもこの辺りの事がどうも理解し難くて困ります。
[ 2018/08/23 10:28 ] [ 編集 ]
Re: 不思議です
> こんにちは、楽しい夏休みが取れて良かったですね。
>
> <ストロークの原則として、「ストロークの種類は受け手が決める」ということがあります。>の部分ですが、チョット話が逸れます。上記の事の意味は分かるのですが、
> 「夫から愛情を感じられないから離婚したい。」という。自分(妻)は夫に対して愛情が有る事が前提なんですね。世界共通で一般的に、離婚の原因は自分(夫・妻)も相手に愛情が持てなくなったら離婚したいのではないですか。愛されているから愛情を持っているものでしょうか。
>
> 私は、いつもこの辺りの事がどうも理解し難くて困ります。

sitateyasiki様

いつも丁寧に読んでいただいて、ありがとうございます。
「愛されているから愛情を持っているものでしょうか」・・・愛されているうちに自分も相手に愛情を感じるようになる、ということもあるし、いくら愛されていてもどうしても好きになれない、ということもあるでしょうし、人それぞれなのかなと思います。
「愛されていると感じられなくなったから別れる」・・・自分は愛しているのに愛してもらえないと感じて、それに嫌気がさしたり、寂しさ・悲しさに耐えきれなくなって、別れる。そういう方が多いように思います。相手からの愛情を感じられなくても、自分は相手を愛し続ける、ということには、強靭な精神力がいるのだろうなと思います。
愛されていると感じることは、自己肯定感の素になります。愛されていると感じられることは安心や心地よさをもたらしてくれるし、愛されていないと感じることは自己肯定感を脅かし、安心や心地よさも奪われていくでしょう。
愛する人に愛されていようがそうでなかろうが関係なく愛する人を愛し続けるには、それまでにその人に限らず他の人からも十分な愛情を受けたと感じられて自己肯定感が強いということが必要になるのかなと、個人的にはそう思います。

[ 2018/08/23 12:53 ] [ 編集 ]
こんばんは!
ちょっとドキッとする、よいお話でした(笑。
河合隼雄さんの本などを思い出したり。
拙いブログをご訪問下さりありがとうございます。
[ 2018/08/23 22:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> こんばんは!
> ちょっとドキッとする、よいお話でした(笑。
> 河合隼雄さんの本などを思い出したり。
> 拙いブログをご訪問下さりありがとうございます。

むく様

こんにちは!
嬉しいコメントをありがとうございます。
河合隼雄先生の本を思い出していただけたなんて、とても光栄です。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[ 2018/08/24 08:00 ] [ 編集 ]
遅くなってしまいました。でも気になっ来てしまいました。

私は、「強靭な精神力と自己肯定感が強い」持ち主なのでしょうか、確かにあまりくよくよ悩んでいる暇も無く、思い出に浸ったり、失恋で泣いているより、「サアー、次!」と、切り替えて未来の計画や明日の可能性の為の今やるべき事に心がすぐに移ってしまいます。夫と真逆な性質で、一般的に言われる気持ちの割り切り方や問題解決・判断は、私がとても男性的だと言われるし自分でもそう思っています。私のブログを読んでもそんな感じがするのでしょうか。こうして文字に書くと、自己肯定感は強いかも知れませんね。
先日、夫に「私はこれまで生きてきて、とても楽しかったよ。もう少し続けたいけど、短くてもいいかな。と思うくらい楽しかったよ。」と言ったところでした。ちょっと、変ですか?
はき出したら、スッキリしました。
ありがとうございました。
[ 2018/08/26 00:55 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 遅くなってしまいました。でも気になっ来てしまいました。
>
> 私は、「強靭な精神力と自己肯定感が強い」持ち主なのでしょうか、確かにあまりくよくよ悩んでいる暇も無く、思い出に浸ったり、失恋で泣いているより、「サアー、次!」と、切り替えて未来の計画や明日の可能性の為の今やるべき事に心がすぐに移ってしまいます。夫と真逆な性質で、一般的に言われる気持ちの割り切り方や問題解決・判断は、私がとても男性的だと言われるし自分でもそう思っています。私のブログを読んでもそんな感じがするのでしょうか。こうして文字に書くと、自己肯定感は強いかも知れませんね。
> 先日、夫に「私はこれまで生きてきて、とても楽しかったよ。もう少し続けたいけど、短くてもいいかな。と思うくらい楽しかったよ。」と言ったところでした。ちょっと、変ですか?
> はき出したら、スッキリしました。
> ありがとうございました。

sitateyasiki様

いつも主体的に、充実した生活を送られていること、とても素敵だと思います。
コメントありがとうございました。
[ 2018/08/27 08:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ