FC2ブログ

悩みに押し潰されそうなときに

四六時中悩みが頭から離れずに、不安やら絶望やらで心がいっぱいになっているとき、あなたはどうしていますか?

「大丈夫、何とかなるさ」と自分に言い聞かせ前を向いて歩けるあなたは、とても精神的エネルギーの強い元気な方です。
だけど、このような方はごくごく稀だと思います。
たいていの方は、「大丈夫、大丈夫」といくら言い聞かせても、すぐにまた、不安や絶望に押し潰されてしまいそうになるのでは?周囲の人から「きっと大丈夫だよ。頑張ってね」と慰め励ましてもらったとしても、「私の悩みはそんなに簡単なものじゃない。軽く扱わないで」と思うのでは?

昨日の例、不登校を脱却して再び不登校に陥りそうな彼のことを考えてみましょう。
彼はどんなことを考えているでしょう。「所詮、人間というものは利己的で恐ろしいものだ」「やっぱり自分には、人の中で生きていくことは無理だったんだ」。
彼のお母様は?「せっかく学校に行けるようになったのに、また後戻りだ」。
彼も彼のお母様も、不安・絶望・焦燥で悩みの中にどっぷりはまって、身動き取れなくなっているでしょう。
こんな時、誰かが親切心で「大丈夫だよ」と声をかけても、ほとんど心の中に入ってはいかないでしょう。
じゃあ、どうするの?どうすればいいの?
まずは、「大丈夫」と無理やり気持ちに蓋をするのではなく、気持ちにじっくり寄り添いましょう。これは、ご本人・周囲の方両方にお願いします。じっくりと気持ちに寄り添って、それから、今の悩みの状況を、これまでの流れの中で、冷静・客観的にとらえなおしてみましょう。
そうすると、「人を怖いと避けていたのが、今はもっと人と深く関わりたくて、それで悩んでいるんだ」「過去の不登校と今の不登校とでは意味が違うんだ」と気づくでしょう。

悩みに押し潰されそうになっていたのが、悩みに寄り添い、悩みを客観的にとらえなおしてみることで、なんとかやっていけそうな、かすかな希望が見えてくるのです。悩みはもはや、あなたの敵ではなく味方なのです。
このようなことをするのに、カウンセラーが協力をします。ご用命は,坂田カウンセリングオフィスへ。
スポンサーサイト



[ 2016/05/24 13:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ