FC2ブログ

ラケットシステム15

☆ラケットシステム まとめ2

④ラケット的表出

ラケット的表出とは、脚本の信条と感情が表現される全ての行動のことであり、脚本の信条と感情を正当化し、強化記憶の素になるもののこと。
ラケット的表出には、Ⓐ実際に現れ観察可能なもの、Ⓑ個人の心の中で体験され報告されるもの、Ⓒ空想、がある。

Ⓐ実際に現れ観察可能なもの
感情表現の癖、、言葉や行動の癖、対人関係の癖など、人生脚本に沿った感情、思考、行動の現れ(過去記事はこちら)。
脚本の信条と感情をそのまま反映する場合と、脚本の信条と感情の防衛として表現される場合とがある。
例えば、「自分は頭が悪い」という脚本の信条を持っている或る人は、愚か者のような振る舞いをするし、同じ脚本の信条を持っている別の人は、学歴・資格を得ることに強烈な意気込みを持ち強迫的に勉強し続ける。

Ⓑ個人の心の中で体験され報告されるもの
外からは観察できないけれども、個人の心の中で、脚本の信条と感情を表現し裏付けているもの。
身体的な症状も、ラケット的表出である場合がある。
例えば、子どもの頃から、「他者は自分を傷つける」という脚本の信条と感情を持ち続けてきた結果、常に身体が緊張状態にあるために、酷い肩こりに見舞われている場合など。

Ⓒ空想
脚本の信条と感情を表現する実際の行動はしていないが、心の中で、脚本の信条と感情に沿った行動を空想している場合。
自分の行動を空想する場合と、他者の行動を空想する場合とがある。
例えば、「自分は馬鹿だから他者はみんな自分を馬鹿にする」という脚本の信条と感情を持っている或る人は、自分が馬鹿なことをしでかすという空想をするかもしれないし、同僚に軽蔑されるという空想をするかもしれない。
また、脚本の信条と感情とは正反対の空想をする場合もある。
例えば、「自分がノーベル賞を受賞して世間の人々全員から最高の尊敬を集める」というような、自分でも信じていない夢物語のような空想をすることもある。


スポンサーサイト



[ 2018/04/23 11:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ