FC2ブログ

ラケットシステム11

Bちゃんの物語第九章。

ラケットシステムに負のエネルギーを供給し続ける強化記憶を、エネルギーダウンさせる方法。今日はまた別の方法をご紹介しましょう」
そう言うと、カウンセラーは微笑んで、言葉を付け加えました。
「そうでした。もう、Bさんはそれをしていましたね」
「え?」Bさんは驚いた表情になりました。
それからしばらくして、Bさんが言いました。
「もしかして、この前お話ししたようなこと?」
カウンセラーは微笑んでいます。
「カウンセリングでお話している間に、あの時、今迄記憶のどこかに置き去りにしていた色々な記憶を思い出して、確かに、とても楽な気持ちになりました。私がボタンを一人で留めることに成功した日、お母さんが笑顔で抱きしめてくれたこと。すっかり忘れていたけれど、確かにそんなこともありました。あの時、お母さんは私の成長を喜んでいてくれてたんだって、今は心から思えます。それから、お父さんも。妹とは違うんだから私はそのままでいいって、言ってくれた。もしかしたら、お父さんは、私が妹に嫉妬していたのを知っていたのかもしれませんね。それで、私に、精一杯愛情表現してくれた。無口で不器用なお父さんだけど、あの時の言葉は、今思えば、とても力がこもっていた。それから、彼氏も、強がらなくても普通にしていればいいって言ってくれた。素直になりたい、甘えたい、けど出来ない、そんな私をちゃんと見ていてくれたんだなって、そう思えます。それから、お母さん!今また、思い出しました!お母さんがちゃんと私を愛してくれていたんだって思える記憶が、他にもありました!」
「思い出すごとに、気持ちが楽になっているようですね」
「はい、本当に。こんな素敵な記憶、どうして、今迄、全然思い出さなかったんだろう?」
「不思議に思われているのですね。でも、これはよくあることです。というか、強化記憶の性質ですね。脚本の信条を支持する記憶ばかりを収集して、脚本の信条に反する記憶は、無意識のうちに心の片隅に追いやってしまうのです」
「それって、前に聞いたことがある確証バイアスだと思っていいですか?」
「いいと思います。強化記憶は、全体を見ないで、それにとって都合のいい出来事だけを凝視する、つまりディスカウント(値引き)する、その繰り返しの中で、どんどん威力を強めてきたのです」
「だから、無視して心の底に捨ててきた、脚本の信条に合致しない記憶を、掘り起こしていくことで、強化記憶の負のエネルギーを削ぐことが出来るのですね!」
スポンサーサイト



[ 2018/03/28 08:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ