FC2ブログ

ラケットシステム3

ラケットシステム」内の思い込みの部分、「脚本の信条と感情」の始まりの部分について見ていきましょう。
わかりやすくするために、物語風にお話しします。

Bさん(フィクションです)は、小さい子どもだった頃、お母さんが抱っこしてくれないことに気づきました。
小さい子どもにとって、養育者から見放されることは、命を繋ぐすべを失うことに直結します。
Bちゃんに「恐れ」の感情が湧き起こります。
けれども、「恐れ」を表情や泣き声や体の突っ張りで表しても、お母さんは抱き上げるために腕を差し伸べてはくれません。
Bちゃんが大声で泣いて手足をバタバタさせたら、近くに置いてあった玩具がお母さんの方に飛んでいきました。
お母さんは、やっと、Bちゃんのところに来て、「困った子ね」と言って抱き上げてくれました。
この間、客観的な時間で言えば、ほんの数分の出来事でしたが、Bちゃんにとっては、とても長く感じた時間でした。
そんなことが続いて、Bちゃんは、「本物の感情」の「恐れ」を抑圧して、「癇癪」という「ラケット感情」を手に入れました。
Bちゃんの心の中には、疑問が残ります。(どうしてお母さんは、私がありのまま「恐れ」の感情を表現しても抱っこしてくれなかったのだろう?)。
そして、その理由を考えつきます。(それはきっと、私が取るに足らない存在だからだ)。
こうして、自分についての否定的な脚本の信条の基礎が出来ました。
そしてまた、Bちゃんは、お母さんについての脚本の信条も作ります。(お母さんは、私のことを好きじゃないんだ)。
人生についての脚本の信条(世の中は孤独に満ちている)も作ります。
こうして、Bちゃんは、自分とお母さん(他者)と人生についての、核となる脚本の信条を形成しました。

核となる脚本の信条は、論理的に考える力がまだ育っていない小さい子ども時代に作られるので、非論理的で、突拍子もないものであったりします。
Bちゃんのお母さんが本当にBちゃんを好きでないと感じていたかどうかは、核となる脚本の信条の形成においてあまり意味を持ちません。重要なのは、Bちゃんがそう意味づけた、ということです。

この後、まだ物語は続きます。





スポンサーサイト



[ 2018/03/09 08:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
「本物の感情」の「恐れ」を抑圧
>そんなことが続いて、Bちゃんは、「本物の感情」の「恐れ」を抑圧して、「癇癪」という「ラケット感情」を手に入れました。

〇なるほど、分かりやすいですね。
 私は3人の子供を育てましたが、未熟だったため、この「ラケット感情」に気が付かないときがありました。
 草々
[ 2018/03/09 09:19 ] [ 編集 ]
Re: 「本物の感情」の「恐れ」を抑圧
> >そんなことが続いて、Bちゃんは、「本物の感情」の「恐れ」を抑圧して、「癇癪」という「ラケット感情」を手に入れました。
>
> 〇なるほど、分かりやすいですね。
>  私は3人の子供を育てましたが、未熟だったため、この「ラケット感情」に気が付かないときがありました。
>  草々

レインボー様

コメントありがとうございます。
「本物の感情」は何なのかを推しはかってあげられる大人でありたいと思います。
親がどんなに注意深く愛情を持って子育てしていても、親の考えとは全く違うところで子どもはあれこれ考えていることも多いので、子育てって、とっても難しいですね。
[ 2018/03/09 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ