FC2ブログ

ディスカウント45

・人との交流を避ける

・人と接するときに心の壁を作ってしまう

・人の親切や厚意を素直に受けず警戒してしまう

これらは、「近づくな・信じるな」というインジャンクション(禁止令)に縛られているときの具体例です。

インジャンクション「近づくな・信じるな」に従って生きているときにも、ディスカウント(値引き)の存在があります。

幼いころから親などの影響で自分で自分にかけてきた「近づくな・信じるな」という呪縛を解くために、「自分」「他者」「状況」を、ディスカウント(値引き)せず正当に見つめてください。
そして、「近づいていいんだ」「信じていいんだ」と自分自身にパーミッション(許可)を与えていきましょう。
ディスカウント(値引き)していたことに気づくことで、パーミッション(許可)に真実味、力強さが加わります。
スポンサーサイト



[ 2018/01/19 10:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
おはようございます
昨日の記事も今日の記事も、ぜんぶ自分に当てはまります

集団は嫌いだし、人とは一定の距離を置かないと怖い。

いつも壁を作って人に接してしまう、

距離が縮まると、離れていこうとする。

私のことです

小学生からの付き合いの友達とも、壁を作って話してしまいます

脇汗いっぱいかきながら。

なんで肩の力を抜いて接することができないんだろうと思います

[ 2018/01/20 06:02 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます
> 昨日の記事も今日の記事も、ぜんぶ自分に当てはまります
>
> 集団は嫌いだし、人とは一定の距離を置かないと怖い。
>
> いつも壁を作って人に接してしまう、
>
> 距離が縮まると、離れていこうとする。
>
> 私のことです

haru様

こんにちは。
「何もするな」「属するな」「近づくな・信じるな」・・・多くの不自由さを感じていらっしゃるのですね。
けれど、新しく手話を習いに行こうとされていたり、壁を作りながらでも今も小学生時代のお友達とのつながりを持たれていたり・・・と、haru様の中には、マイナス面だけでなく、たくさんのプラス面があるような気がします。
コメントありがとうございました。
>
> 小学生からの付き合いの友達とも、壁を作って話してしまいます
>
> 脇汗いっぱいかきながら。
>
> なんで肩の力を抜いて接することができないんだろうと思います
[ 2018/01/20 12:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ