FC2ブログ

ディスカウント37

・自分のことが大嫌い

・自分を痛めつけることをしてしまう

・危ないことを平気でやってしまう


これらは、「存在するな」というインジャンクション(禁止令)に縛られているときの具体例です。

インジャンクション「存在するな」に従って生きているときにも、ディスカウント(値引き)の存在があります。

幼いころから親などの影響で自分で自分にかけてきた「存在するな」という呪縛を解くために、「自分」「他者」「状況」を、ディスカウント(値引き)せず正当に見つめてください。
そして、「存在していいんだ」と自分自身にパーミッション(許可)を与えていきましょう。
ディスカウント(値引き)していたことに気づくことで、パーミッション(許可)に真実味、力強さが加わります。
スポンサーサイト



[ 2017/12/11 09:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/12/11 23:33 ] [ 編集 ]
Re
コメントありがとうございます。
そうですね。今悩んでいる方の心に少しでも届いたらいいなと思って、書いています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[ 2017/12/12 08:43 ] [ 編集 ]
こんにちは
自分を痛めつけるのは、「存在するな」の表れなんですね

私も自傷行為がやめられません

死にたいと思ってなくても、自傷してしまいます

やっぱり生きていたくない、っていうのが本心なんだと思います
[ 2017/12/12 15:11 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
> 自分を痛めつけるのは、「存在するな」の表れなんですね
>
> 私も自傷行為がやめられません
>
> 死にたいと思ってなくても、自傷してしまいます
>
> やっぱり生きていたくない、っていうのが本心なんだと思います

haru様

こんにちは。
心の奥の声を聴かせてくださって、ありがとうございます。

死にたいと思っているわけじゃない、けど、生きていたくないっていう無意識に突き動かされて自傷してしまう・・・
その無意識(生きていたくない)は、たぶん、子どもの頃の心の残像なのではないかなと、haru様のブログを拝見していて、そう感じています。
子どもの頃に何があって、何から「存在するな」の呪文をご自分にかけてしまったかは私には知る由もありませんが、蓄積された呪文が、生きていたくない、存在していてはいけない、という無意識を作り出して、今もそれが時々ヌッと現れてきてしまっているような・・・
そして、「死にたいわけじゃない」と意識されていることが、「存在するな」の無意識が今も全盛を誇っているわけではないことの証明のように思えてくるのです。
素敵なご主人と出会えたこと、その周りの人たちに囲まれていること、今の温かい人間関係を求め作ってきたのは、haru様の「存在していいんだ」というパーミッション(許可)が育ってきているからだと思います。
ネイルやおしゃれをすることも大賛成です。「存在していいんだ」「幸せな生活を送っていいんだ」という心の声パーミッションを、実際の行動で表現することも、パーミッションを強化するのにとても有効です。
haru様の「存在していいんだ」というパーミッションが、「存在するな」のインジャンクションの陰をさらに薄めていくことを、期待しています。

[ 2017/12/12 16:43 ] [ 編集 ]
存在していい・・・

心が温かくなる言葉ですね

いつも自分を否定して育ってきたような気がします

これからも自分を認めて生きて行きたいとおもいます
[ 2017/12/13 04:55 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 存在していい・・・
>
> 心が温かくなる言葉ですね
>
> いつも自分を否定して育ってきたような気がします
>
> これからも自分を認めて生きて行きたいとおもいます

応援しています♡
[ 2017/12/13 08:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ