FC2ブログ

ディスカウント6

いつもご訪問ありがとうございます。
記事更新は平日の月・水・金と決めてご案内していたので、その通りにしていたら5日ぶりとなってしまいました。
今後は、曜日を決めず、書ける日に更新する、ということにさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

今日は、「確証バイアス」についてお話ししたいと思います。
これは、認知心理学・社会心理学の用語で、「バイアス」というのは、「偏り」・「歪み」とか「偏見」とかいうような意味です。

確証バイアスというのは、自分の頭の中にあること(考え・信念・願望など)にとらわれ、それを支持する事柄にばかり目が行き、支持しない・相反する事柄は無視したり見落としてしまったりする、ということを言います。

例えば、Aさんのことを意地悪な人だなと思っているとき、Aさんが不愛想な顔をしていたとか、Bさんにきつい言葉を投げていたとか、「Aさんは意地悪な人」という自分の考えに合致する出来事ばかりが、目に入ってきます。
一方、Aさんが猫を優しく撫でていたとか、迷子を交番に連れて行ってあげていたとか、「Aさんは意地悪な人」という考えに反するような出来事は、軽くスルーしてしまいます。

また、「自分は皆から嫌われている」という思いで頭がいっぱいになっているときには、同僚の素っ気ない素振りばかりが気になり、同僚の優しい視線、上司の愛情ある指導などには、気がつかないものです。

会議などで、自分の意見に賛成してくれる人の意見にはしっかり耳を傾けるけれど、反対意見ははなから聞く気がない、というのも、確証バイアスだと言えますね。

詐欺の被害者の場合も、この確証バイアスがかかっていると考えてよいでしょう。
犯人の巧みな話術により、「これは凄い儲け話だ」といったん信じ込んでしまうと、凄い儲け話であることを信じさせる犯人からの情報のみを信じ、家族の反対意見やテレビで流れている詐欺事件のニュースなどには、耳を貸さない状態になってしまいます。
結婚詐欺でもそうですね。
「あの人は私を愛してくれている、結婚しようと言ってくれている。あの人と結婚したい」という願望で頭の中がいっぱいになっていると、相手の甘い言葉だけを受け入れて、相手がしばしばお金の無心をしてくるとか、相手の都合の良いときにしか会えないとかということについては、頭の中に受けつけない状態になってしまいます。

「確証バイアス」というものがある、ということを頭の片隅に置いて、ディスカウント(値引き)による害を防いでくださいね。

スポンサーサイト



[ 2017/09/20 09:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ