FC2ブログ

ラケット

ラケット感情」を得るための無意識の行動、お膳立てのことを、「ラケット」と言います。

例えば、いつも高すぎる目標設定をして、達成できずに、「自己嫌悪」を味わっている、としたら。
その人は、「自己嫌悪」という「ラケット感情」を得るために、「高すぎる目標設定をして達成しない」という「ラケット」を演じている、というふうに考えます。

これまでお話してきた、「ラケット感情」とさよなるするための方法は、「ラケット感情」そのものに焦点を当て、「ラケット感情」の成り立ちや意図、その奥に隠されている「本物の感情」は何か、というようなことを、しっかりと心の中で探求していくやり方でした。
今回ご紹介するのは、それとは違ったアプローチと言えるでしょう。
焦点を当てるのは、「ラケット感情」そのものではなく、「ラケット感情」に続く道である「ラケット」です。

上の例の方が、今現在、「どんなに忙しくても、どんなに疲れていても、必ず毎日3時間、読書をする」という「高すぎる目標設定」をしているとしたら、いつものパターンで最終的に「自己嫌悪」を感じることを回避するために、この目標設定を修正すれば良いのです。
「元気で余力のあるときは好きなだけ読書する。そうでないときは読書しない」という目標設定に修正します。
そうすると、この目標を達成できない、ということにはならず、結果、達成できなかったことによる「自己嫌悪」を味わうこともなくなります。

気づかないまま自分自身で「ラケット感情」を得るお膳立て(ラケット)をしていることに気づけたら、そのまま「ラケット」に沿って行動していくことを止めて、「ラケット感情」に続かない別の道を歩めば良いのです。
スポンサーサイト



[ 2017/08/25 12:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ