FC2ブログ

病を治すもの5

身体の声を聴く、ということは、パールズが創始したゲシュタルト療法でも行います。
例えば、カウンセリング中ずっと右手で左手をつねっている人に対して、「あなたの右手は何をしているの?」「右手は何と言っているの?」「左手は?」等の質問をすることによって、意識していない奥深くにある声を引き出します。
ゲシュタルト療法の「ゲシュタルト」という言葉は、そもそもドイツ語で「全体」を表す言葉。
「全体を生きる」という考えは、ユングもロジャーズもジェンドリンもパールズも、それぞれ表現は違うけれど、究極的には同じことを言っているような気がします。
スポンサーサイト



[ 2016/06/16 09:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ