FC2ブログ

悩みも成長する

カウンセリングをしていて、クライエント様(お客様)の悩みが消えるのもすっきり気持ちがよいですが、「悩みが成長したなあ」と感じたときも大変感動するなあ~と最近よく思います。
「悩みが成長する」って、どういうこと?って思われるでしょうか。

例えば、ずっと何年間も不登校・ひきこもり状態だった方が、自分の意志で進学します。
これだけでもすごいことなのですが、その方は、自分から色々な人に話しかけたり、学校行事の役員をかってでたり。
彼はこう言います。「今までずっと人と関わるのが怖かった。でも今は、人と関わるのが楽しいということを初めて知った」。
なんて素晴らしいことでしょう。でもこれで終わりではありません。
数か月後、しょんぼりして彼は言います。「自分は色々な人に積極的にはたらきかけてきたし、みんなの役に立ちたいと頑張ってきた。だけど頑張るのはいつも自分。向こうから自分に積極的にはたらきかけてくる人はいないし、なんだかいいように利用されているだけのような気がしてきた。」

さて、あなたはどう考えますか?
「せっかく悩みが解決していたのにまたぶり返した」あるいは「むしろ悩みが悪化しているのでは」というのも一つの見方です。
そしてまた別の見方もあります。それが「悩みが成長した」という見方です。

最初の悩みは「人と関わるのが怖い」ということでした。それが「初めて人と関わる楽しさを知った」という進歩の後、「誰も自分のことを特別だと思ってくれない。誰にも自分を大事にされていない」という悩みに変わりました。
ところで、あなたも似たような心の変遷を経験したことがありませんか?
例えば、幼稚園から小学校の頃。「不安でいっぱいだったけど、友だちと遊ぶのが楽しくなった」。そして中学校の頃。「みんなとただ一緒にいるだけでは満足できない。自分が誰か(仲良しグループ、親友、異性など)の特別な存在として大事にされたい」っていう気持ちになったこと、ありませんでしたか?
幼稚園から中学校までの長期間に経験するような心の変遷を、彼はたったの数か月で成し遂げた。そう考えると、その成長ぶりに驚嘆しませんか?

また別の見方もあります。
心理学で「マズローの欲求階層説」というのがあります。
人は常に欲求を満たそうと向上する生き物。
満たそうとする欲求には順番があり、まず最初は「生理的欲求(眠い時に寝たい、おなかがすいたら食べたいなど)」。
これが満たされれば次は「安全の欲求」を満たそうとします。
「安全の欲求」が満たせたら次は「所属と愛の欲求(どこかに所属したい、誰かと仲良くしたいなど)」。
それが満たせたら次は「承認と尊敬の欲求(認められたい、尊敬されたいなど)」。
それが満たせたら次は「自己実現の欲求(自分らしく生きたいなど)」。
このように、一つの階層が満たされるとその次の階層の欲求を満たそうとする、という考え方です。
さて、彼に当てはめて考えてみましょう。
彼は、不登校・ひきこもり状態のときには、「安全の欲求」が満たされていなかった。
それが進学をし学友と交わりながら満たされ、次の欲求「所属と愛の欲求」を満たしたいと思うようになった。
色々な人や事に積極的に関わりながら、自分はこの学校の一員なんだと感じ始めた。所属の欲求は満たしたけれど、愛の欲求は途中かな?もしくは、次の欲求「承認と尊敬の欲求」が芽生えて、まだそれが満たされないがゆえに悲しんでいる?
いずれにせよ、確実に欲求の階層は進展しています。

「悩みが成長したなあ」というのは、例えばこんな感じなのです。

今日例に出した「彼」、それから今後例として登場する「彼・彼女」は、架空の人物であることをご了承ください。よくある話を一人の架空の人物に凝集してお話ししています。
それはカウンセラーには「守秘義務」があるからです。
大切な心の内を見せてくださるクライエント様に対して、その秘密を守ることは、最低限の義務であり、誠意のお返しでもあるからです。
スポンサーサイト



[ 2016/05/23 08:23 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)
悩みの成長
こんばんは
悩みが成長する!って素晴らしいことだと思います♡

それはその人自身が成長している証ですね♬
[ 2016/05/23 20:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ