FC2ブログ

ラケット感情19

ラケット感情にニックネームをつけることで、ラケット感情を認識しやすくなることを、前回お話ししました。
ラケット感情があなたの心にやってきたら、愛情を持ってニックネームで呼びかけてあげましょう。
それから、ラケット感情に話しかけてあげましょう。

あなた(ラケット感情)は、今、何を思っているの?
何を考えているの?
何を感じているの?
いつから居るの?
小さい頃の私のことを、どう思っていたの?
小さい頃の私の家族のことを、どう思っていたの?
あなたの望みは何?
どうなったらいいと思っているの?

等々、ラケット感情の身の上話から現在の心境、将来の希望などについて、訊いてあげてください。

まるで、カウンセリングのようですね。
ラケット感情にニックネームをつけることで、擬人化ができ、お話がしやすくなります。
あなたのラケット感情のカウンセラーとして、親身に話を聴いてあげてください。

十分にカウンセリングができると、ラケット感情は穏やかに立ち去っていきます。

ラケット感情のカウンセラーになる・・・う~ん、難易度が高いなあ、という方には、別の方法があります。
それはまた次回に。
スポンサーサイト



[ 2017/07/21 09:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
おはようございます
なんだか自分が自分のカウンセラーになるみたいですね

むずかしいこと考えるのも、疲れますが

必要なことなのかもしれないですね
[ 2017/07/21 10:32 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます
> なんだか自分が自分のカウンセラーになるみたいですね
>
> むずかしいこと考えるのも、疲れますが
>
> 必要なことなのかもしれないですね

そうですね。
普通のカウンセリングも、クライエントはカウンセラーに話しているように見えますが、実は、カウンセラーを媒介にして自分自身に語りかけているのだと思います。
自分自身の心の中の対話がしっかり進むことで、心は落ち着いてくるようです。
[ 2017/07/23 11:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ