FC2ブログ

ラケット感情18

さて、ラケット感情がだいたいどういうものなのかがわかってくると、次に気になるのが、どう対処すればよいのか、ということだと思います。

最初のステップは、自分のラケット感情が何なのか、その奥に隠れている本物の感情は何なのか、を知ることです。
知ることにより、これまでのように、ただ感情に押し流される、ということはなくなります。
意識的に、本物の感情を感じ表出する、ということもできるでしょう。

自分のラケット感情にニックネームをつけるのも、お勧めです。
「すぐ泣いちゃう困ったちゃん(悲哀)」「怒りんぼうの小さい私(憤怒)」等々、愛着が持ててクスッと笑えるようなニックネームをつけてあげましょう。
嫌な感情かもしれませんが、今までずっと、あなたと一緒に居てくれた感情です。
その感情が来たな、と気づいたとき、愛情を持って呼びかけられるニックネームにしましょう。
名前を呼ぶのも嫌だと思ってしまうようなニックネームは避けてくださいね。
かと言って、あまりに愛着が湧きすぎて離れられなくなるニックネームも困りますが(笑)。

ラケット感情をニックネームで呼んであげることで、今感じているこの感情はラケット感情であって本物の感情ではないのだ、ということを、よりはっきり認識できるようになります。

そして他にも、ニックネームで呼ぶことで可能になることがあります。
それはまた次回にお話ししますね。
スポンサーサイト



[ 2017/07/19 09:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ