FC2ブログ

ラケット感情17

ラケット感情には、次のような特徴があるとされます。

☆ラケット感情の特徴

・ラケット感情に耽溺していると愛情や承認(ストローク)が必ず与えられる、という空想がある
(「後悔」すれば慰めてもらえる、「優越感」を示せば褒めてもらえるなど、幼少期の体験をもとに無意識に思い込んでいる)

・他人を変えようという企てがある
(「疑い」を示すことで相手を謝らせよう、「恐怖」を示すことで争いをやめさせようなど、幼少期の体験をもとに無意識に他者を操作しようとしている)

・ラケット感情に支配されると、現時点に不釣り合いな感情反応をする
(幼少期から塗り重ねてきた思いが一時に放出されるため、現実の場にそぐわない感情表出となる。普通に考えれば「怒り」で済むところを徹底的に「非難」してしまうなど)

・ラケット感情を少しずつ積み立てたり、その奥に隠されている本物の感情を未処理なまま放置したりすることで、次のトラブルを導く
(本物の感情の「怒り」にふたをしたまま「憂鬱」を感じることを続けて、あるとき急に相手に対して感情を爆発させるなど。
心理ゲーム」「グレースタンプ」など。後日また取り上げます)

スポンサーサイト



[ 2017/07/14 12:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ