FC2ブログ

人生態度10

第1の立場(I+、U+)が理想ですが、私たちは生身の人間です。
いつもいつも理想の立場に居られるわけではありませんし、そうでなければならないということもありません。
憂鬱な気持ち、苛立たしい思い、何もかも投げ出し消えてしまいたいと思うこと・・・等々、人間なので、色々な感情を感じて当然ですし、そこにこそ生きることの奥深さがあるのだと思います。
問題となるのは、無意識のまま、馴染みの立場(基本的構え)に固執し、馴染みの行動・態度・感情にしがみついている時です。
馴染みの立場に居る時、私たちは、今ここでの心の働きであるAの自我状態を使わずに、人生脚本に沿った行動・態度・感情に囚われてしまっています。
そのことにまず気づきましょう。
その気づきの合図となるのが、いつもの馴染み深い行動であり、態度であり、感情です。
「またいつもの行動パターン、態度にハマっている。いつものラケット感情に陥っている」と気づいたなら、そこにいつまでもしがみついている必要はないのです。
自分の行きたい人生態度の立場に行ってよいのです。
もちろん、徹底的に、馴染みの脚本の立場に居座り続ける、という選択も可能です。
いずれにしても、無意識のまま脚本の立場に居続けてしまった今までとは、違います。
過去に作り上げた自分を縛る脚本のまま生きるのではなく、今ここで自己選択して生きること。
先に紹介した4つの立場の特徴、特に具体的な行動・態度・感情を、その参考にしていただければ幸いです。
スポンサーサイト



[ 2017/05/24 16:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ