FC2ブログ

対話分析25

人間関係の改善のために、自分のコミュニケーションの投げ方に癖や偏りが無いかチェックしてみませんか?

コミュニケーションの発信には9通りあります。
今日は、そのうちの C→A の発信について、見ていきましょう。

☆ C→A の発信

子どものような自我状態 C(自由な子どものような自我状態 FC や順応した子どものような自我状態 AC)から、相手の大人としての自我状態 A に向けて投げかける発信。

相手に自分の気持ちや体の感覚を理解してもらいたいと伝えるもの。

例 )

「今までと全く違う部署に異動になるので、とても不安なんです」
「首から上がずしっと重いんです」
「一か月も連絡が取れないから、物凄く心配したよ」
「娘が無事卒業できて、ほっとしています」
「そのことを思い出すと、体がフワフワ浮くような感覚になります」


♡ どうでしょう?
  あなたは、普段の対話で、C→A の発信をどのくらいしていますか?
  C→A の対話をする相手は決まっていますか?
  その時の相手の反応はどんな感じですか?
スポンサーサイト



[ 2017/03/31 11:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ