対話分析16

大人の社会だけでなく、子どもの社会でも、二重裏面交流が横行しているようです。
もう小学生の頃から、コミュニケーションに疲れてしまった、という方が大勢います。

例1)
A子「ねえ、B子ったら、カテキョウ(家庭教師)始めたらしいよ」
  (情報あげるから、私のこと、仲間外れにしないでね)
C子「へえ、そうなんだ。家、金持ちだもんね」
  (B子ったら私を置いてけぼりにして一人だけ成績上げるつもりなんだ。面白くない)
A子「金持ちでカテキョウ付けたって、元の頭が悪いからどうしようもないよ」
  (悪口を言うのは嫌だけど・・・C子、機嫌を直してちょうだい)
C子「そうだよね。B子、最近付き合い悪いのは、無駄に勉強してるからか。ねえ、B子のこと、無視しようよ」
  (A子は私から離れていかないよね。言うこときくよね)

例2)
D男「昨日、○○(テレビ番組)観た?」
  (話を盛り上げて楽しくさせなくっちゃ)
E男「観た。△△がさあ、□□でさあ(番組の内容)」
  (ちゃんと話を合わせなくっちゃ。つまらない奴と思わないでほしい)
D男「そうそう。それでさあ、その後、△△がさあ~(さらに番組の内容)」
  (このまま面白い話を続けなくちゃ。つまらない奴と見捨てないでほしい)


こんな対話が、極々普通になされているそうです。
コミュニケーションに関わってくる人物も、2人というよりは、3人、4人、5人と、人数がいることが大半で、さらにコミュニケーションを複雑にしているようです。
そこに、ラインなどでのやりとりも盛んになってきているので、裏面の見えない裏面交流が行われることとなり、もうわけのわからない状態に陥っているようです。

自分が嫌われ、独りぼっちになってしまうかもしれない・・・
そんな恐れの中、素直な気持ちは奥に押しやって、裏面交流をしてしまう。
結果、独りぼっちになったらどうしようという不安が解消されることはなく、表面的に明るく振る舞い続け、裏面交流を続ける子どもたち。

大人でも、こんな二重裏面交流ばかり続いたら、心身の健康を損なってしまいます。

「学校に行きたくない」と、もしお子さんが訴えたなら、「学校は行くべきところ。休むなんて許しません」と一喝する前に、「何かあったのかな?」と、お子さんの心に寄り添ってあげてください。
「いじめられているわけではない。友達がいないわけでもない。じゃあ、なんでなのよ?」親御さんには不思議なことかもしれません。
お子さんはすぐには答えられないかもしれません。答えないからと、怒らないでください。
お子さんは対話分析が出来ているわけではないので、説明のしようがないかもしれません。
学校で素直な心の交流が出来ていないのだとしたら、せめて家庭では、それが出来るように、お子さんの心に安心感を育ててあげてください。

大切な人との間では、素直に心を開いて交流することが出来る・・・
この経験が出来た子は、強くなります。
スポンサーサイト
[ 2017/02/24 13:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
共感しきり
大人も子供も、確かに『裏面交流』多いですね。
本音出せなくても、失いたくない友、ママ友って、
いずれ疎遠になるはずなのに、なんか悲しい現象ですね。
友達のつもり……。
つもりの概念(私の造語)って、
本人も気づいていないので厄介です。(^_^ ;)
[ 2017/02/26 04:25 ] [ 編集 ]
Re: 共感しきり
> 大人も子供も、確かに『裏面交流』多いですね。
> 本音出せなくても、失いたくない友、ママ友って、
> いずれ疎遠になるはずなのに、なんか悲しい現象ですね。
> 友達のつもり……。
> つもりの概念(私の造語)って、
> 本人も気づいていないので厄介です。(^_^ ;)

風子様
そうですね。
「つもりの概念」・・・
本人に気づきがあれば、もう少し楽になれるのでしょうね。
コメントありがとうございました。
[ 2017/02/27 10:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。
(現在、平日の月・水・金曜日に記事を書いています)


ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ