FC2ブログ

対話分析14

相手を悲しませたくない、怒らせたくない・・・
そう思えば思うほど、ホンネを言葉にすることが出来ず、裏面のある交流をしてしまう。
裏面のある交流が、2人の結びつきを強くするわけではないことは、頭ではわかっている。
けれど、やっぱり、素直な言葉は飲み込んで、裏面のある交流をしてしまう・・・

それは、どうしてなのでしょう?
あなたの中の何が、素直な言葉で相手と向き合うことを避けているのでしょうか?


今までにあなたが経験してきた人間関係が影響していますか?

その人間関係から、「人ってこんなもの」 「自分ってこんなもの」 「人間関係ってこんなもの」というような固い考えが、あなたの中に居座っていませんか?
そして、それらが、あなたの邪魔をしていませんか?


前に、人生脚本のお話をしました。
禁止令(インジャンクション)ドライバーが、あなたの自由を邪魔していませんか?


思っている通りに行動したいのなら、人生脚本を書き換えましょう。

カウンセリングでじっくりと心の中を整理して人生脚本を書き換えていくも良し、思いきって望む行動をとってみることから、人生脚本も書き換え、その行動をあなたのものとして定着させるのも良し・・・

「あなたは、本来、あなた以外の誰にも邪魔されずに生きることが出来る」
交流分析の基礎となる考えにありました。「人は誰でもOKなのだ」 と。

素直な言葉を伝えるときには、「自分もOK」 「相手もOK」 であることを心に置きながら、相手の方に向き合ってくださいね。
自分も相手も尊重する誠意ある言葉が、2人の関係を助けてくれるはずです。

スポンサーサイト



[ 2017/02/21 14:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ