FC2ブログ

対話分析10

例1) 彼女「昨日、何してた?」
       (日曜なのにデートに誘ってくれないなんて、私のこと、もう飽きちゃったの?そうじゃないって、言ってよ)
    彼氏「なんか寂しい思いをさせちゃったかな。今日、食事でも行く?」


このように、発信者の表面上の言葉ではなく、裏面の交流(非言語のメッセージ)に、あたたかく返信する交流のことを、「鋭角裏面交流」と言います。

常にこの鋭角裏面交流がベストな対応であるというわけではないのですが(このことについては、また次回お話しします)、誰かをお世話する立場にある方や、気を遣われる側に回りやすい方は、自然にこの返信ができるようになると良いですね。


例2) 患者「先生の回診は何時頃でしょうか?」
       (体のことで気になることがあって、不安なんです)
    看護師「何か気になることがおありのようですね。どうされました?」


例3) 部下「あのう、今お忙しいでしょうか?」
       (ご相談したいことがあるのです)
    上司「うん、どうした?」


鋭角裏面交流は、発信者の気持ちを思いやって優しく返信するので、あたたかいコミュニケーションになりますね。発信者からの信頼も得やすいことでしょう。


ただ、普段から気を遣い過ぎる方(ACの高い方)は、鋭角裏面交流をしなくてはと意識しない方が良いでしょう。
意識しすぎると、今よりもっとコミュニケーションが不自然、不自由になってしまいそうです。
相手の裏面を読むことばかりに囚われていると、疲れ果ててしまいますよ。
スポンサーサイト



[ 2017/02/14 11:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ