FC2ブログ

対話分析3

前回お話ししたように、相補交流は、基本的には、心地よいコミュニケーション・安心感のあるコミュニケーションを形成し、あたたかい人間関係の土台となるものです。
けれども、万能というわけではありません。

相補交流には、相手が期待・予想した通りにコミュニケーションを返すという性質上、そのコミュニケーションが延々と続く可能性があります。指定した場所にコミュニケーションのボールが返ってくるので、ボールを落とす確率が減り、同じようにボールを投げ続けてしまう可能性があるのです。

前回の例で見てみましょう。

例1)  同僚同士の対話
     Aさん「ここのランチ、おいしいね!」
     Bさん「本当、最高!」
     Aさん「ハンバーグの肉汁、たまんない!」
     Bさん「うんうん、やみつきになりそう!」

この対話だけ見れば、楽しいおしゃべりですが、もし、このような相補交流が1時間も2時間も続いたら・・・?
会社のお昼休みが過ぎても、まだお店でおしゃべりしていたら、困りますね。


例2)  職場の後輩と先輩の対話
     Cさん「すみません。わからないことがあるので、お時間あるときに教えていただけませんか?」
     Dさん「了解。少し待ってね、後で声掛けるから」

ここだけ切り取れば、良好な人間関係のようですが、もし、このような対話がCさんが入社して以来5年間、毎日ほぼ1時間おきに、繰り返されているとしたら・・・?


例3)  先生と生徒の対話
     Eさん「また遅刻か。しっかりしろよ」
     Fさん「すみません。気をつけます」

これで終われば良いのですが、この後、もし、Eさんが延々と注意、だんだんとエスカレートしてお説教や、挙句の果てにFさんの人格否定にまで行ってしまったら・・・?


このように、相補交流でコミュニケーションが延々と続くことで、時間を浪費してしまったり、進歩のない固定した人間関係を作ってしまったり、虐げられることから逃れられなくなったり、といった弊害が出てくることもあります。

そこで、出番となるのが、次回紹介する「交差交流」です。


☆お知らせとお詫び

明日は朝5時半からNPO法人IATH(日本心理療法士協会・日本フラワーハートセラピスト協会)の用事で外出します。
このため、明日1月31日(火)は、臨時休業、ブログもお休み、とさせていただきます。申し訳ありません。



スポンサーサイト



[ 2017/01/30 10:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ