FC2ブログ

機能分析24(心の自由を取り戻すために2)

昨日私に起こった出来事です。

外出しようとして、玄関の鍵が無いことに気づきました。
いつもは、財布の中のポケットに鍵を入れているのですが、そこに、無い!
家じゅうを捜索。ごみ箱まで2回もひっくり返して捜すけれど、見つからない。
だんだんと、私の心はヒートアップしてきます。
「どうしよう。街の合鍵屋さんでは作れないタイプの鍵・・・どうしよう」とうろたえるAC
「大事な鍵なのに失くすなんて、何馬鹿なことをしているのよ、私」と自分を責めるCP
心の中は、このACとCPだけになっていきます。
そこで、はっと気づきました。「このまま捜していても見つからないだろう」
「さあ、とりあえず寝るか」

心が特定の機能だけにロックオンされると、心の視野が狭まります。
苛立ちや虚しさなどの感情で苦しくなるだけでなく、普段の力が発揮出来なくなります。
そのことに気づいたら、ロックオフするための「ボタン」を押しましょう。

すべきことがあるときには、そのことに全力を注ぎましょう。知らないうちにロックが外れていきます。
特にすべきことが何もないときには、あなたならどうしますか?
私の場合、「とりあえず寝ます」。家族は「ふて寝」だと笑いますが(笑)。
ストレッチでも、音楽を聴くのでも、お茶を飲むのでも、何か心のロックを解除する「ボタン」を用意しておきましょう。

「このままでは見つからないだろうから、とりあえず寝るか」と「ボタン」を押して、布団に入ろうとした直前、ふと気になって財布を開けました。
ややや・・・!!
無いはずの鍵がある!
いつものポケットの脇に小さなポケットがあって(いつも使わないので、その存在を忘れていました)、そこに捜し物の鍵がちゃんと収まっているではありませんか。

こうして、私のお騒がせ事件は解決しました。

心が特定の機能しか使えない状態に陥っていると気づいたら、そこに留まり続けるのではなく、ロックオフするための「ボタン」を押しましょう。そうすることで、心の視野狭窄が回復し、心がしなやかに機能して、目的達成のための力を発揮することが出来るようになります。

自分で自分の心をコントロールする1つの方法です。

あなたの「ボタン」は何ですか?

スポンサーサイト



[ 2017/01/23 09:55 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ