FC2ブログ

機能分析9

♡ A(Adult)を 今よりもっと機能させたい方へ

日々の生活の中で、A機能アップのためのトレーニングを積んでいきましょう。
下に、トレーニング・メニューの例を示します。
既に出来ていることは、そのまま続けて下さい。
その他に、やりたいと思えるもの、またはやれそうだと思うものを、まずは1つ選んで、毎日の生活に取り入れましょう。
苦手なことをすることになりますので、最初からハードルを高くせず、「まずは1つ」を目標にして下さい。
だんだんと軌道に乗ってきたら、次の1つをトレーニングに加えるようにしましょう。


      A機能アップのためのトレーニング・メニューの例


・物事を決断する前に、そのことについての賛否両方の意見を参考にする

・自分の視点だけでなく、相手側の視点や第三者の視点からも考えてみる

・現状・問題点・解決策などを書き出す

・計画を立ててから実行し、その結果を評価して次回に活かす

・自分の心身の状態を把握し、無理をしない

・自分の感情について意識を向ける

・自分の考えに偏りや歪みはないか、他者や状況をよく観察する

・1つの考えだけでなく、他の可能性についても考える

・物事についてのメリットとデメリットを比較する

・全体を見渡して行動する

・相手に伝わりやすい状況や言葉を選んで話す

・具体的に話す(「みんな」ではなく「誰と誰と誰」、「たくさん」ではなく「何個」など)


☆ Aには、他の自我状態の働きを調整する機能もあります。
例えば、CPが過剰に働き「責任を負いすぎている」ことに、Aで気づき、CPの本来の働きである「程よく責任を持つ」ことに移行させます。

☆ Aには、他の自我状態の働きを補完する機能もあります。
例えば、CPの機能が弱く、叱ることが出来ないときに、代わりにAで諭すことで、問題を解決します。
スポンサーサイト



[ 2016/12/02 11:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ