FC2ブログ

閉室日のお知らせ

いつもありがとうございます。

3月1日(金)~7日(木)は、外部委託カウンセリング・県外出張・その他所用につき、姫路のカウンセリングルームは閉室させていただきます(メール・ブログもお休みします)。

ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



[ 2019/02/28 14:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

心の栄養素ストローク50

次のようなストロークの出し方も、相手からの肯定的ストロークは期待できません。

例)・「とても素敵なお洋服ですね」(心にもないお世辞)
  ・「ご子息様は本当に優秀であらせられて、必ずや将来は東大に合格されることでしょう」(機嫌をとろうという目論見が見てとれるもの)

上記のようなストロークの出し方は、「マシュマロを投げる」と表現されます。
昔のアメリカの合成着色料でベタベタのお菓子に例えた呼び方です。

いくら表面上は肯定的ストロークのように飾っても、本心に相手を尊重する気持ちが無ければ、せっかくのコミュニケーションも台無しですね。
  
[ 2019/02/26 07:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

心の栄養素ストローク49

あなたは、次のような歪んだストロークを送る癖はありませんか?

例)・「よく頑張っているじゃないか。明日は大雨だな」
  ・「素敵なお洋服ですね。馬子にも衣裳ってやつですね」
  ・「ずいぶん優しいことを言ってくれるね。君じゃないんじゃないの」

これらは、肯定的ストロークのように始まるけれど、最後まで聞くと実は否定的ストロークだった、というものです。
「まがい物のストローク」と言ったりします。

やっぱり、貰えるのは、「まがい物」ではなく「本物」がいいですね。
肯定的ストロークを素直に出して、自分の心も相手の心も嬉しい肯定的ストロークで満たしたいものです。
[ 2019/02/23 07:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

閉室日のお知らせ

いつもありがとうございます。

本日2月21日(木)と22日(金)は、外部委託カウンセリングのため、姫路のカウンセリングルームはお休みさせていただきます(メール・ブログもお休みします)。

ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
[ 2019/02/21 07:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

心の栄養素ストローク48

コミュニケーションにおいて、否定的ストロークで相手に向かっていくと、相手からも否定的ストロークが返ってくることが多くなります。
例えば

自分「あなたって、頼りにならないわね」(P→C)
相手「おまえは、批判ばかりだな」(C←P)

こんな感じの、交差交流になりがちです。
そして、お互いに嫌な気持ちになるものです。

これとは逆に、肯定的ストロークで相手に向かうと、相手からも肯定的ストロークが返ってくることが多くなります。
自分がストロークの受け手であった場合、どのように反応するかを想像していただければ、納得していただけると思います。

☆あなたは、肯定的ストロークでコミュニケーションをとろうとしていますか?
  肯定的ストロークの出し惜しみをしていませんか?(「ストローク経済の法則その1~与えるべきストロークがあるときに、それを与えるな」に縛られていませんか?)



[ 2019/02/19 08:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

閉室日のお知らせ

いつもありがとうございます。

本日2月7日(木)~18日(月)、外部委託カウンセリング・その他所用につき、姫路のカウンセリングルームはお休みさせていただきます(メール・ブログもお休みします)。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
[ 2019/02/07 07:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

心の栄養素ストローク47

ここまで3つの例を見ていただきました。

心の中のストロークが足りていない状態が続くと、人は、なんとしてでもストロークを得ようとして行動する。たとえ、それが好ましいものでないとしても・・・
肯定的ストロークが得られるならそれが一番、でも肯定的ストロークが得られないなら、ストロークが無いよりはましというところで、否定的ストロークを得ようとする。
それに、肯定的ストロークは、貰うのが結構大変。褒めてもらうために努力したり、愛してもらうために我慢したり・・・貰えるまでに相当な時間を費やす必要もある。
ストロークに飢えている状態(ストローク飢餓・ストロークハンガー)では、そんな余裕はないのですね。
だから、肯定的ストロークよりも手に入れやすい否定的ストロークに手を出してしまうのです。
お腹が空きすぎて死んでしまいそうなとき、食べられるまで時間がかかる高級料理よりも、すぐに食べられる残飯に食らいつく・・・それと同じようなことです。
いわゆる問題行動をしてしまわないですむために、いつも心の中に十分なストロークがあるようにしておきたいものです。
[ 2019/02/05 07:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ