FC2ブログ

素敵なおじ様

先日、地図を片手にきょろきょろ歩いていたら、自転車のおじ様がわざわざ止まって、「どこに行きたいの?」と聞いてくれました。そして、丁寧に道順を教えてくれました。
何分か後、道沿いのおうちの窓に、先ほどのおじ様の顔が。「ここまで来たら、もうあと半分ないくらいだから」と、穏やかな笑顔。私が通るのを待っていてくださったのでしょうか。
親切な言動はもとより、雰囲気がなんとも素晴らしいおじ様でした。文章で表すのは難しいのですが・・・。
何を言う言わない、よりも、自然ににじみ出る雰囲気こそが、人を癒すのかもしれないなと、思いました。
[ 2016/06/06 10:50 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

考え癖を変えれば感情も変わる

昨日の続きです。

感情は、出来事についての考え方・見方(認知)から生じている、と認知行動療法では考えます。
そこで、今のつらい感情から抜け出すために考え癖(自動思考)を変えるトレーニングをしていきます。このとき、「楽観的な考え方」ではなく「客観的な考え方」を目指します。

1、どんな出来事があって、どんな考え(心の中のセリフ)が浮かんで、どんな感情を持ったのか、振り返る。
2、その考えの根拠となる事実(実際に見たこと・聞いたこと)を拾い出す。
3、その考えとは一致しない事実を拾い出す。
4、2・3両方の事実を客観的に観察する。
5、そのうえで、事実だけから判断して(思い込みや推測は除外して)、新しいより客観的な考え方に修正をする。
6、その新しい考え方をしたらどんな感情になったかをチェックする。
7、一度だけでなく、このトレーニングを継続して行う。

頭の中で考えるよりも、紙に書いて考えると効果的ですよ。
[ 2016/06/03 09:53 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

あなたの考え癖をチェック

以下の各項目について、あなたにあてはまるかどうかチェックしてください。人物などの細かい設定はあなたの身近な人やものに置き換えて考えてください。

A 1、ミスをすると「私はいつもドジばかりする」と落ち込む。
A 2、友人に嫌なことを言われて「人間なんて信用できない」と思う。

B 1、家族が不機嫌そうだと「こんな私のせいだ」と思う。
B 2、同僚が仕事の愚痴を言っているのを聞いて「私の仕事が遅いからだ」と思う。

C 1、駅で見かけた友人に挨拶したのにそのまま行ってしまった時「無視された」と考える。
C 2、交際相手の「今忙しい」という言葉に「私より大切な人がいるんだ」と考える。

D 1、一度欠席すると「もう参加する意味がない」と考える。
D 2、短所が1つ見えたら「あの人とはもう付き合えない」と思う。

E 1、疲れきっていても「いつも通りにきちんとやらなければいけない」と思う。
E 2、「どんなときでも自分より人を大切にすべきだ」と考える。

F 1、「みんなはすごい。それにひきかえ私は…」と思う。
F 2、「お姉ちゃんは私と比べて何でもできる」と思う。

G 1、「嫌なんだからもうやめるしかない」と思う。
G 2、「あの人はひどい人だ。だって、あの人のせいで私はこんなに悲しい思いをしているのだから」と思う。


さて、いかがでしたか?
それぞれ2つしか例を挙げませんでしたが、A~Gの意味は次の通りです。

A:「一般化のしずぎ」・・・・・1つの出来事だけを根拠に「いつも~だ」「すべて~だ」と考える癖。
B:「自分への関連づけ」・・・・・ある出来事を自分のせいだと考える癖。
C:「根拠のない推論」・・・・・証拠がないのに否定的に結論づける癖。
D:「全か無か思考」・・・・・ものごとを白か黒かで考える癖。
E:「すべき思考」・・・・・「~すべき」「~でなければいけない」と考える癖。
F:「過大評価と過小評価」・・・・・自分や他者について正当な価値判断をしない癖。
G:「感情による決めつけ」・・・・・自分の感情だけを手掛かりにして判断する癖。

自分が知らず知らずのうちによくしている考え方の癖は、ありましたか?

認知行動療法では、こうした考え方の癖のことを「自動思考」と言います。そして、これに気づき、客観的な考え方に修正していく方法をとります。
長くなったので、今日はここまで。
[ 2016/06/02 09:37 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

今日はアルベール・カミュ作とされている詩を紹介します。

Don’t walk in front of me,    
I may not follow.           
Don’t walk behind me,       
I may not lead.              
Just walk beside me,
and be my friend.

カウンセラーは友だちではありませんが、あなたの前を歩いてあなたを置き去りにしたり、あなたの後ろで自分を隠してあなたを戸惑わせたりしないで、あなたの横にいて、一緒にあなたの心の道を歩いていきたいと思います。
[ 2016/06/01 18:38 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めました。よろしくお願いします。



ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ