絵から心をよむということ

あるお母様が青い顔でカウンセラーに問いかけます。「うちの子がこんな絵を描いたのです。これって、心理的に問題あり、でしょうか?」。
カウンセラーがその絵をみると、画用紙いっぱいに紫色の円がたくさん。
カウンセラーはすぐに答えます。「紫色は、心の不安定や病を表す色です。お子様のセラピーをすぐに始めましょう」。

この会話をどう思いますか?

たしかに、「紫は心の不安定や病のときに表出されることが多い」という研究結果もあります。ここで注目してほしいのが、「ことが多い」という言葉です。つまり、「統計結果」「その傾向がある」「そういう場合がある」ということ。「例外も当然ある」ということです。

そもそも、描画から心理状態をよみとろうという研究は、その人・子が言葉で表現できないでいる心になんとかして近づきたい、という気持ちから出てきたもの。そもそもの気持ちを忘れて、ただマニュアル的に「紫=病」と決めつけるのは危険です。

上述のカウンセラーとのやりとりで、お母様は、もっともっと不安になるでしょう。お母様の不安がお子様にうつるかもしれません。「心の病気の子」というレッテルで、お母様にもカウンセラーにも扱われているうちに、その子は本当に心が病んでくるかもしれません。

カウンセラーは、お母様の不安な気持ちをうけとめてお話を聴きます。すると、お母様がなぜ「うちの子は心理的に問題あり」と不安になっているのかが、見えてくることでしょう。
お母様のカウンセリングでお母様の不安な心に取り組むことで解決するかもしれないし、同時進行でお子様のセラピーをすることになるかもしれません。その場合も、カウンセラーは、お子様の表現するもの(遊び、絵、箱庭など)をマニュアル的に決めつけるのではなく、そのものを感じとりたいという気持ちで、お子様と同じ時を過ごすのです。

「子どもの頃、病院やカウンセリングで、”黒いチューリップを描いたから病んでいる””怪獣が火をふいている絵を描いたから暴力性がある”と言われて、すごく傷ついた。何か心に思うことはあったのだと思うけれど、病院やカウンセリングでそれが癒されたとは思わない。二度と、人に絵を見せないぞ、病院やカウンセリングになんか、絶対に行くもんか、と思っていました」というようなお話をうち明けてくださる方もいらっしゃいます。

心を表現し、心を癒し、心を育てる絵、という本来の姿を害さないように、その心の表現そのものに寄り添う気持ちを、忘れないでいたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2016/05/31 09:01 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

表現セラピー

自分を表現することで、心の癒しを得たり、心の成長を遂げたり、ということがあります。
自分を表現する手段は、たくさんあります。
絵をかいたり、詩や小説・マンガをかいたり、歌を歌ったり、作曲したり、お花を活けたり、などなど・・・・
そういう芸術的なことは苦手、というあなた。「表現」の手段は、日常の中にもたくさんあります。
例えば、今日着るお洋服を選ぶこと、なんかも、立派な「表現」ですよ。
「○○を食べておいしかった」「○○って言われて悔しかった」というのも、れっきとした「表現」。
小さなお子さんは、遊びが「表現」です。ごっこ遊び、お絵かき、ブロック遊び、砂遊び・・・・。
心を癒し育てる「表現」。そんな目で、あなたやあなたの身近な人を見つめてみてください。
[ 2016/05/30 11:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

感情をコントロールする前に

「ダメダメダメ!」と否定されて、しゅんとなってしまったり、反抗心がムクムクムクとわいてきたりした経験はありませんか?
感情も同じだと思うのです。
「悲しいなんて感じちゃダメダメダメ!」「怒ってるなんて、許さない!」と、感情を否定すると、感情は、むっつり黙りこくってしまったり、大暴れしちゃったり・・・・。
その感情がそこにいるのには、何かわけがあるはずです。そのわけをしっかり聴いてあげましょう。
ひとりだと怖い、と感じるときは、カウンセラーを利用してくださいね。
[ 2016/05/27 14:28 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

らっきょうの皮をむく

悩みを多角的に見て客観視することは、悩みから抜け出すのに有効ですが、「そんな元気はない」という日もあるでしょう。そんな日は、考えることをいったんやめましょう。
とは言っても、「考えないようにしよう」と思えば思うほど、考えてしまうのが、人間の性。「考えないようにしよう」と考えるのではなく、頭を使う代わりに体を使ってみましょう。散歩でも掃除でもなんでも気が向くことをやってみましょう。

20年以上前、悩みで頭がパンパンのときに、ウォーキングのイベントに参加したことがありました。歩き出してしばらくは、悩みで頭がパンパン状態のまま。その後いつからか、「あれ?考えが続いていかない」。悩みの考えがポッと出て、消えて、次の考えがポッと出て、消えて・・・・。悩みの考えは出てはくるけど、どんどん流されて行ってしまう、そんな感じ。

昨日も、泥付きのらっきょうを塩らっきょうにするために、700グラム黙々と皮をむいていたら、同じような感覚がやってきました。今日の段取り、明日の段取り、とあれこれ頭をはたらかせながら皮をむいていたのですが、途中から、頭の中を考えが素通りしていっていました。

餃子を作るのでも、ガーデニングするのでも、何か体を使うことをやってみてください。1つ1つの動作を丁寧に行うのもコツです。動作に意識が集中すると、悩みの考えに意識が向きにくくなるようです。

これは、森田療法の「精神交互作用を断つ」というのと同じです。気分や症状にこだわればこだわるほど、気分・症状は悪化する、というのが「精神交互作用」。例えば、「トイレに行きたい」と意識すればするほどトイレに行きたくなる、そういう状態です。
気分・症状は「あるがままに」、今やるべき行動に集中する。すると、意識の集中は、気分・症状から今やっている行動に移り、結果、気分・症状が改善する。と、非常におおざっぱですが、森田療法の方法論の1つを説明しました。

「頭を使う代わりに体を使う」。この手もぜひ、苦しみから抜け出すためのレパートリーに入れてください。

ただし、もしも、体を使う気力もわかない日がしばらく続くようでしたら、それは、気持ちをコントロールするだけでは治らない、脳内物質をコントロールする必要のある病気であるかもしれません。できるだけ早く、メンタルクリニックで診療を受けることをおすすめします。薬は、正しく服用することで、つらさを和らげてくれます。つらさが和らげば、自分で気持ちをコントロールする元気も出てきます。薬の力を少しだけ借りて、本来の自分をとり戻してください。
[ 2016/05/26 09:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

プラス思考は苦手でも

どんなことでもプラス思考で考えられたら、どんなに楽でしょう。
YG(矢田部ギルフォード性格検査)という心理検査で測れる特性の1つに「抑うつ性」というのがあります。これが高いと、「無気力」「虚脱感」が大きいということになるのですが、一方で、「適度な問題意識」や「創造性」があるということにもなります。マイナスに考えて悩んでしまうのは、苦しいことではありますが、悩むからこそ、次の何かを創造することができるのです。
マイナス思考でもOK。
マイナス思考の強い方が無理やりプラス思考をしようとすると、逆に問題をこじらせたり苦しさが増したりなんてこともありますから、マイナス思考の強い方はどうぞマイナス思考のままで。
ただ1つお願いがあります。
それは、「1つの考えだけにとらわれないでください」ということです。
1つの考えにがんじがらめになっていると、次の何かを創造するということができなくなります。ある物事について、1つの考えだけでなく、できるだけ多くの違う角度からの考えを探してください。
「愚図でのろまだ」と思い悩んでいる性格は、別角度から見ると、「情報を収集してから行動する」ことだったり、「丁寧である」ことだったりします。先ほどの「抑うつ性」が「無気力」でも「創造性」でもあるように、1つの物事には色々な側面があります。
性格だけではありません。例えば、「職場で同僚に挨拶したけど返しがなかった」という出来事。
マイナス思考の強い人が無理やりプラス思考しようとすると、「挨拶の返しがないのは、そういう儀礼的なことを必要としない親密な間柄だからだ」となるかもしれません。その結果、実は「昨日その人に頼まれた仕事をやり忘れて帰ってしまった」という事実を思い出さないままフレンドリーに話しかけて、さらに状況が悪化する、ということになったりします。
マイナス思考の人が、マイナス思考でまず最初に「嫌われたのかも」と考えます。ずっとその最初の考えに縛られていると、やがて「嫌われたんだ」「あの人とはもう二度とうまくやっていけないに違いない」と、考えが極端にマイナス方向に進み、そこでフリーズ、すごく落ち込んで、「もう何もできない」、となってしまいます。
一方で、最初のマイナス思考「嫌われたのかも」の後、できるだけ色々な視点で、色々な可能性を探ります。「機嫌が悪いのかも」「何か考え事をしていて私のことどころじゃないのかも」「聞こえなかったのかも」・・・・多角的に見ていくうちに、思考は、マイナスの感情を伴わない客観的な思考に変化していきます。
1つの側面だけでなく、できるだけ多くの側面から、その物事を見ることができたら、苦しい膠着状態から一歩、新しいステップを踏み出すことができるのです。
「多角的に見る」。どうぞお試しあれ。
[ 2016/05/25 11:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

悩みに押し潰されそうなときに

四六時中悩みが頭から離れずに、不安やら絶望やらで心がいっぱいになっているとき、あなたはどうしていますか?

「大丈夫、何とかなるさ」と自分に言い聞かせ前を向いて歩けるあなたは、とても精神的エネルギーの強い元気な方です。
だけど、このような方はごくごく稀だと思います。
たいていの方は、「大丈夫、大丈夫」といくら言い聞かせても、すぐにまた、不安や絶望に押し潰されてしまいそうになるのでは?周囲の人から「きっと大丈夫だよ。頑張ってね」と慰め励ましてもらったとしても、「私の悩みはそんなに簡単なものじゃない。軽く扱わないで」と思うのでは?

昨日の例、不登校を脱却して再び不登校に陥りそうな彼のことを考えてみましょう。
彼はどんなことを考えているでしょう。「所詮、人間というものは利己的で恐ろしいものだ」「やっぱり自分には、人の中で生きていくことは無理だったんだ」。
彼のお母様は?「せっかく学校に行けるようになったのに、また後戻りだ」。
彼も彼のお母様も、不安・絶望・焦燥で悩みの中にどっぷりはまって、身動き取れなくなっているでしょう。
こんな時、誰かが親切心で「大丈夫だよ」と声をかけても、ほとんど心の中に入ってはいかないでしょう。
じゃあ、どうするの?どうすればいいの?
まずは、「大丈夫」と無理やり気持ちに蓋をするのではなく、気持ちにじっくり寄り添いましょう。これは、ご本人・周囲の方両方にお願いします。じっくりと気持ちに寄り添って、それから、今の悩みの状況を、これまでの流れの中で、冷静・客観的にとらえなおしてみましょう。
そうすると、「人を怖いと避けていたのが、今はもっと人と深く関わりたくて、それで悩んでいるんだ」「過去の不登校と今の不登校とでは意味が違うんだ」と気づくでしょう。

悩みに押し潰されそうになっていたのが、悩みに寄り添い、悩みを客観的にとらえなおしてみることで、なんとかやっていけそうな、かすかな希望が見えてくるのです。悩みはもはや、あなたの敵ではなく味方なのです。
このようなことをするのに、カウンセラーが協力をします。ご用命は坂田カウンセリングオフィスへ(営業?笑)。
[ 2016/05/24 13:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

悩みも成長する

カウンセリングをしていて、クライエント様(お客様)の悩みが消えるのもすっきり気持ちがよいですが、「悩みが成長したなあ」と感じたときも大変感動するなあ~と最近よく思います。
「悩みが成長する」って、どういうこと?って思われるでしょうか。

例えば、ずっと何年間も不登校・ひきこもり状態だった方が、自分の意志で進学します。
これだけでもすごいことなのですが、その方は、自分から色々な人に話しかけたり、学校行事の役員をかってでたり。
彼はこう言います。「今までずっと人と関わるのが怖かった。でも今は、人と関わるのが楽しいということを初めて知った」。
なんて素晴らしいことでしょう。でもこれで終わりではありません。
数か月後、しょんぼりして彼は言います。「自分は色々な人に積極的にはたらきかけてきたし、みんなの役に立ちたいと頑張ってきた。だけど頑張るのはいつも自分。向こうから自分に積極的にはたらきかけてくる人はいないし、なんだかいいように利用されているだけのような気がしてきた。」

さて、あなたはどう考えますか?
「せっかく悩みが解決していたのにまたぶり返した」あるいは「むしろ悩みが悪化しているのでは」というのも一つの見方です。
そしてまた別の見方もあります。それが「悩みが成長した」という見方です。

最初の悩みは「人と関わるのが怖い」ということでした。それが「初めて人と関わる楽しさを知った」という進歩の後、「誰も自分のことを特別だと思ってくれない。誰にも自分を大事にされていない」という悩みに変わりました。
ところで、あなたも似たような心の変遷を経験したことがありませんか?
例えば、幼稚園から小学校の頃。「不安でいっぱいだったけど、友だちと遊ぶのが楽しくなった」。そして中学校の頃。「みんなとただ一緒にいるだけでは満足できない。自分が誰か(仲良しグループ、親友、異性など)の特別な存在として大事にされたい」っていう気持ちになったこと、ありませんでしたか?
幼稚園から中学校までの長期間に経験するような心の変遷を、彼はたったの数か月で成し遂げた。そう考えると、その成長ぶりに驚嘆しませんか?

また別の見方もあります。
心理学で「マズローの欲求階層説」というのがあります。
人は常に欲求を満たそうと向上する生き物。
満たそうとする欲求には順番があり、まず最初は「生理的欲求(眠い時に寝たい、おなかがすいたら食べたいなど)」。
これが満たされれば次は「安全の欲求」を満たそうとします。
「安全の欲求」が満たせたら次は「所属と愛の欲求(どこかに所属したい、誰かと仲良くしたいなど)」。
それが満たせたら次は「承認と尊敬の欲求(認められたい、尊敬されたいなど)」。
それが満たせたら次は「自己実現の欲求(自分らしく生きたいなど)」。
このように、一つの階層が満たされるとその次の階層の欲求を満たそうとする、という考え方です。
さて、彼に当てはめて考えてみましょう。
彼は、不登校・ひきこもり状態のときには、「安全の欲求」が満たされていなかった。
それが進学をし学友と交わりながら満たされ、次の欲求「所属と愛の欲求」を満たしたいと思うようになった。
色々な人や事に積極的に関わりながら、自分はこの学校の一員なんだと感じ始めた。所属の欲求は満たしたけれど、愛の欲求は途中かな?もしくは、次の欲求「承認と尊敬の欲求」が芽生えて、まだそれが満たされないがゆえに悲しんでいる?
いずれにせよ、確実に欲求の階層は進展しています。

「悩みが成長したなあ」というのは、例えばこんな感じなのです。

今日例に出した「彼」、それから今後例として登場する「彼・彼女」は、架空の人物であることをご了承ください。よくある話を一人の架空の人物に凝集してお話ししています。
それはカウンセラーには「守秘義務」があるからです。
大切な心の内を見せてくださるクライエント様に対して、その秘密を守ることは、最低限の義務であり、誠意のお返しでもあるからです。
[ 2016/05/23 08:23 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)

はじめまして

はじめまして。カウンセラーの坂田和代です。
この度カウンセリングルームを開業するにあたり、相談にのっていただいた社労士の谷口先生(AI社労士事務所)のアドバイスを受け、ブログを始めることにしました。
なんでも、先生のお知り合いで、ブログで1000人と友だちになりなさいという教えを実行した方がいるそうで・・・凄いですね!
今まで興味のあること(心理療法)しかやってこなかったので、パソコン操作自体が苦手、ホームページも「画像が出ない~」などテンパりながらやっと作成、谷口先生から「検索エンジンに申請した?」と聞かれ「え?」というありさまで・・・
それでもブログなんとか始めます。どうぞよろしくお願いします。
[ 2016/05/22 09:55 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)

Author:坂田カウンセリングオフィス(坂田和代)
東京・大阪でのメンタルクリニック・専門学校相談室・NPOカウンセリングルームのカウンセラーを経て、2016年4月兵庫県姫路市で「坂田カウンセリングオフィス」を開業しました。文明の利器にはめっぽう弱いというセルフイメージに打克つべくブログを始めます。よろしくお願いします。
(現在、木曜日以外の平日に記事を書いています)


ホームページはこちらです⇒http://sakatacounsel.web.fc2.com/          (右側「リンク」から入れます)

検索フォーム
カテゴリ